僕等がいた > 沖縄旅行 > 泡盛を楽しむ

沖縄旅行で泡盛を楽しむ

沖縄を代表するお酒と言えば、なんといっても泡盛ですよね。
泡盛は、黒麹菌を発酵させてもろみを蒸留して作られたお酒で、蒸留酒です。

 

戦前には、奄美諸島でも泡盛が製造されていたと言われていますが、現在では沖縄県だけで製造されており、お酒として飲むことはもろちん、沖縄では料理の調味料としてもよく使われています。

 

泡盛は、健康に良いお酒ということで、お酒の分類上では乙類焼酎とされています。

 

沖縄の伝統的なお酒である泡盛は、お酒の蒸留の技術が14~15世紀の頃にタイから琉球王国に伝わってきたことで、そのルーツであるとみられています。
泡盛が好きな方や、泡盛のルーツを知りたい方は、沖縄県豊見城市にあるくぅーすの社 史孝蔵を訪れると良いでしょう。施設内では、泡盛の歴史や文化について知ることができます。

 

くぅーすの社 史孝蔵は、忠孝酒造による見学施設があり、泡盛を製造している工場の中の様子が見られます。
施設の観覧時間は、AM10:00〜PM7:00までで、所蔵見学は夕方5時までとなっています。

 

泡盛の試飲コーナーもありますが、あまり飲みすぎて酔っぱらわないように注意して下さいね。
オリジナルショップでお土産に泡盛を買うのもよし、オンラインショップでのご購入もOKです。

便利ツール

中国に会社を設立しよう〜上海をはじめ中国全土対応〜
中国での会社設立は中国会社設立サポートセンターへお任せください。日本の4拠点からあなたを徹底サポート。

カテゴリ一覧

沖縄旅行

最新記事

海外でのDVD購入にお勧め!

海外でのネットショップでは、日本で購入するよりも安く商品が手に入ることが多いです。詳しくは、個人輸入と海外通販のポータルへ!